바로가기 메뉴

광주시

메뉴 열기

広州市

푸르른 쪽빛이 배어있는 광주

地域の特性

位置

モバイル環境では、左右にスライドして、内容(表)を見ることができます。

位置の視聴所在地、ただし、緯度と経度の極点(地名、極点)、延長距離を案内する表です。
市庁所在地緯度と経度の極点延長距離
地名極点
京畿道広州市行政タウン路50 東端 昆池岩邑柳寺里 東経127度26 東西間27.88km
西端 五浦邑新峴里 東経127度08
東経127度15 南端 都尺面芳都里 北緯37度15 南北間30.26km
北緯37度24 北端 南終面檢川里 北緯37度33

地勢

広州市はソウル市の東南、京畿道の中央に位置している。面積は430.96㎢に達し、東に驪州郡、利川市、西に城南市、南に竜仁市、北は漢江を境に南楊州、楊平郡、河南と向き合う。

東部の太白山脈から西にまっすぐ伸びた複数の山脈の中で一つである広州山脈の影響圏にあり、山に囲まれた谷型の地形だ。南漢山を中心とした広州山脈は丘陵が多く、起伏が非常に激しく、平地が少ないため、耕地面積は市全体の面積の22%に過ぎない。また、山地の傾斜が激しく、地形発達過程における風化と浸食が活発で、堆積はいくつかの河川周辺を中心に比較的に狭く発達された。

山地が多い地形の特性上、主に畑作をする。ソウルと隣接した地理的位置のために、ソウルの近郊農業地としてトマト、キュウリ、サンチュ、チコリ、キノコ類などの野菜が特化作物で多く栽培されており、米農業は、主に漢江と慶安川流域の西部平野でしている。

気候

気候は、夏には気温と湿度が高く、冬は寒くて乾燥して寒暑の差が大きい大陸性気候の特性を示す。年平均気温は11.1℃で、韓国の年平均気温10〜16℃の範囲内にある。降水量は1,321㎜で、比較的多い方。相対湿度は69.6%、日照時間は2,115時間である。風は北西風で、平均風速は毎秒3.3m程度。

2000年代に入って、広州市の年平均気温が12℃以上を示すので、1990年代に比べると着実に上昇している。これは地球温暖化に伴うもので、最近では、冬の最低気温と夏の最高気温で異常現象が現れている。このように、冬の最低気温が低くなる理由は、冷たい気団が押し寄せる寒波と内陸山間に慶安川に沿って発達した地形のような局地的な条件によるものとされる。