바로가기 메뉴

광주시

메뉴 열기

観光文化

푸르른 쪽빛이 배어있는 광주

分院陶窯址と八堂水霧公園

分院陶窯址·八堂水霧公園

  • 位置分院陶窯址 : 京畿道広州市南終面分院里116
    八堂水霧公園 : 京畿道広州市南終面帰歟里596

基本情報

分院陶窯址 : 朝鮮時代、広州一帯は王室で使う陶磁器を造る官窯が多数散在していた。それをとり仕切っていた機関である司窯院の分院が現在の南終面分院里に設置され、良質の白磁がたくさん製造された。2003年に開館した分院白磁館は、廃校となった旧分院小学校を改修して朝鮮時代における官営磁器の変遷と陶磁の歴史を説明する教育現場で、世界に認められる朝鮮陶磁の歴史が勉強できる。

八堂水霧公園 : 広州市南終面に位置する八堂水霧公園の元の名称は帰歟島だったが、公募を経て今の名前に変わった。多目的広場、市民の森、希望の森、コスモス道などで構成され、秋になると道沿いにコスモスが満開することで有名。自転車道路と散策路をきれいに整備しており、自転車レンタル所には2人乗り自転車、3人乗り自転車などもレンタルできる。

交通アクセス

自動車

  • 中部高速道路・京畿広州IC→樊川三叉路→道馬三叉路→光東橋→南終→分院陶窯址→八堂水霧公園

バス

  • 江辺駅→1113-1(江辺駅で乗車→樊川三叉路で下車)→38-2など帰歟里方面行きバスに乗り換え→分院小学校で下車→帰歟1里で下車
  • 京畿広州駅(京江線)→660など保健所方面行きバス(京畿広州駅で乗車→広州市畜協で下車)→38-2など帰歟里方面行きバスに乗り換え→分院小学校で下車→帰歟1里で下車