바로가기 메뉴

광주시

메뉴 열기

観光文化

푸르른 쪽빛이 배어있는 광주

慶安湿地生態公園

慶安湿地生態公園

  • 所在地京畿道広州市退村面亭支里447番地
春、夏、秋に緑の葦が交わる「慶安湿地生態公園」は、一年中あらゆる渡り鳥が生息するところである。湖畔の葦原の間から見えてくるいくつかの木が風情を加える。
ここでは、1973年八堂ダムが建設され、一帯の農地と低地が水に浸かった後、自然に湿地に変わったユニークなところである。様々な水生植物や様々な渡り鳥と留鳥が生息するようになって、現在、バードウォッチングや自然学習の場として生まれ変わった。公園の周りにはきれいに整備された遊歩道があって、散歩する家族連れの市民と自転車に乗る人に憩いの場を提供している。
湿地は、自然の浄化機能が優れて水質環境の改善に大きな助けになっており、徐々にその範囲を拡大して造成する計画である。また、公園は湿地の状態自然学習場として個人や団体観覧客がたくさん訪れている。