바로가기 메뉴

광주시

메뉴 열기

特産品

푸르른 쪽빛이 배어있는 광주

ジャヨンチェ韓牛

ジャヨンチェ韓牛600

緑の自然と高級肉を生産するのための「10年間の真心の決定版」
スェジュク(干し草、豆などを沸かしてお粥のように作った餌)で養って最高の名品韓牛を育てます。
「韓牛600」は、京畿道広州韓牛を代表するユニークなブランドとして開放化時代に対応するために、1997年商標登録し、10余年前に韓牛の平均出荷体重が520kgもしなっかたとき、600kg以上の最高級韓牛を生産するための意志と真心が込められてている。2007年、広州市の共同ブランドである「ジャヨンチェ」と統合するために、ブランドリニューアルをして「ジャヨンチェ韓牛600」に再誕生しました。それから高級韓牛のために一層頑張っています。
  • 韓牛1
  • 韓牛2
  • 韓牛3

育成方法

2004年、韓牛600ブランド事業団を作って韓牛飼育農家は血統が優れた広州韓牛と高級肉の生産に邁進して、広州畜産協同組合は、高級肉ユクトンを担当することにしており、農業技術センターは、広州韓牛ブランド管理とビジョン提示を通じた役割分担相互協力システムを備えている。
農業技術センターでは、今後環境にやさしい循環型畜産を実現し、国内産原料を活用して、国際競争力を持つことができる方法は、繊維の完全発酵飼料の給与だけであるという考えに韓牛協会と長い議論の末、農林部地域特化事業を申請して繊維配合飼料工場を建設することになった。この過程で、広州韓牛営農組合法人を設立して、組合員100人余りが出資して10億ウォンに達する金額自体負担した。
広州韓牛繊維発酵飼料は、農業技術センターで普及する有用微生物3種(乳酸菌、酵母菌、枯草菌)の供給を受け農産副産物である米ぬかを発酵させて飼料に添加するだけでなく、国内産粗飼料のチョンボリを活用して、最高のブランド飼料を作っている。

他のブランドとの差別化

牛の産育生理に合った最高の飼料供給
牛は草食動物なので、生まれつきの体にあった粗飼料を60%以上摂取しなければならないが、ほとんど穀物飼料に依存し、人為的な成長をしてきた。「ジャヨンチェ韓牛600」は、韓牛農家が育てる韓牛に与える最高飼料を作るという信念で、繊維質発酵飼料工場を独自的に運営している。
広州韓牛繊維発酵飼料は、国内産粗飼料を穀物飼料と最初から配合し、韓牛の成長生理に最も適した飼料を作っており、さらに、農業技術センターが普及する有用微生物で、完全発酵・熟成させて与えることにより、環境、人間、動物が調和し続けることが可能な畜産業を追求している。「ジャヨンチェ韓牛600」のブランド韓牛は、独自に生産された形質が優れた子牛を選抜して、生後5〜6ヶ月齢の去勢し、八堂湖周辺の山紫水明の広州市で30ヶ月間飼育して、最高の高級肉を生産・出荷している。

消費者を思った「ジャヨンチェ韓牛600」

「ジャヨンチェ韓牛600」は、徹底したブランド管理で、消費者リコールを実施しており、トレーサビリティシステムを通じて消費者と一緒にしている。農場から食卓まで、最高の安全と衛生のためのブランド登録を行った農家全体に、水質検査を介し改善が必要な農家に浄水器を設置し、水まで他とは違う韓牛を養うなど、消費者を思っている。
ブランド流通を担当する広州畜産協同組合は、肉加工HACCP認証業者で、最高の韓牛を最もクリーンな状態で供給している。