바로가기 메뉴

광주시

메뉴 열기

特産品

푸르른 쪽빛이 배어있는 광주

山城焼酎

山城焼酎製造機能

  • 山城焼酎
  • 山城焼酎

京畿道無形文化財第13号, 山城焼酎

宮廷料理を真似したユニークな食べ物

1994年12月24日、京畿道無形文化財第13号に指定され、「広州呼ばれている技能保有者は、「カン・ソクピル」である。

広州は、古くから「小さなソウル」と呼ばれるほど、景色が優れて裕福な人々が多く住んでいた。また、他の地域では味わえない様々な宮中料理を真似した独特な料理が多く存在した。なかでも最もよく知られているのが、山城マッコリ(濁酒)と山城焼酎で、この町の代表的な特産物だった。特に山城焼酎は、最初は豊かな家庭で健康酒として作られて飲まれていたが、これが段々知られて、祭祀のお酒として利用されたり、貴重なお客さんの接待や贈り物などに使われることになって、その味と香りが全国に知られるようになった。

南漢山城のきれいな水と在来種の麹と麦芽

山城焼酎が初めて造られたのは、南漢山城を築城した朝鮮時代宣祖(1568∼1608)の時と推定されており、その後、王にも進上されたという。醸造材料としては、南漢山城に流れるきれいな水と、この地域で生産されるお米、在来種の全麦で作られた麹、在来式麦芽などが使われる。お酒を造るときに在来の飴を使用することは、他の地酒では見られないことで、独特な味を出すだけでなく、お酒の貯蔵性を高め、お酒を飲んだ次の日に二日酔いがなく、お酒の香りをよくする。

成分は、100g当りアルコール成分が40g、糖分3∼5g、カロリー230∼250㎉で、他にも各種の有機質と香味成分が多く含まれており、適量を飲むと食欲がわき、血行もよくなるし、疲れの解消にも効果がある。

  • 山城焼酎
  • 山城焼酎
  • 山城焼酎
永く漬けるほど深い味わい
  • 山城焼酎
  • アルコール度数は、造りたてのときは85度以上、その後、段々度数が低くなるため、これを混ぜて40度になるよう調節している。容器に入れて密封し、保管さえきちんとすれば、長時間貯蔵することができる。また、時間が経つにつれ、深い味わいがして、焼酎の味がさらに良くなる。中部面山城里は、丙子胡亂の時から朝鮮時代末期まで約千戸に至る多い住民が住んでいた古い町で、特に富裕層が多く、レベルの高い文化生活と宮中料理を真似した各種の料理を食べていた。特に、余裕のある家庭では健康酒としてこの山城焼酎を造って飲んだが、その独特な味と香りが徐々に全国に知られ広州の名産となった。

    • 主材料 : 水飴(トウモロコシ、米、麦芽)、酵母
    • 純度 : 45度