바로가기 메뉴

광주시

메뉴 열기

特産品

푸르른 쪽빛이 배어있는 광주

陶磁器

陶磁器の特徴

陶磁は、自然の中の土、火、そして陶工の魂で、人が自然と渾然一体となって創り上げた創作物であり、ガラスのような滑らかさ、鉄のような硬さ、玉のような美しさがその特徴と言える。

朝鮮白磁と分院

朝鮮初期王室では、陶磁器を租税として公納・徴収して使い、宮中行事や外国使臣のおもてなしなどに広く使われるようになってから白磁の需要量が大きく増え、質の良い白磁を多量に確保しなければならなかった。
それで王室は、王宮と近くて、交通が便利で、樹木が茂って薪の調達が容易な広州に官窯を設置することになった。広州はすでに分院を設置する前から質の良い白磁を公納していた所として有名だったし、分院が設置されてから朝鮮白磁が急激に発達した。

広州の窯跡

現在、広州市には317カ所の白磁窯跡が分布しており、「経国大典」には、サオンウォン(司饔院)の分院の沙器匠が380人もいたと記録されている。当時、京畿、忠清、慶尚、全羅道などの沙器匠が全部で99人に過ぎなかったことからみて、広州分院の規模が推測できる。

広州王室陶磁器常設展示販売館

  • 広州内57個の窯場が入店し、生活陶磁、作品陶磁、アクセサリーなど様々な陶磁商品を展示販売
  • 場所:昆池岩陶磁公園内の常設展示販売館
  • お問合せ:031-797-4775
  • サイト:www.javin.kr